Q、どうして鰹の塩辛を「酒盗」と呼ぶのですか?

Q、「酒盗」はお漬物と同じですか?

Q、ペットに猫を飼っていますが、鰹節はどんなのをあげたらよいですか?

Qおまんくの酒盗はしょう(非常に)辛うて食えん(食べれない)

Q、一本釣りうるめはどうして高いが?(高いのですか?)

Q、「ちちこ」って何ですか?

Q、商品を買いたいのですが、何個から買えば送ってもらえますか?






Q、どうして鰹の塩辛を「酒盗」と呼ぶのですか?

A、むかしむかし、土佐十二代目藩主 山内豊資(とよすけ)の殿様が
  幡多は清水(土佐清水市)の宿にてカツオの塩辛を召し上がり
  
「コレはよい、これだと酒がいくらでもいける。酒を盗みおったワイ。
   今より『酒盗』と名付けたがよかろう。」
と言ったお話が伝わっています。
  熟成するのに10カ月は必要としますのでシュットウ(すぐに)はできません。





Q、「酒盗」はお漬物と同じですか?

A、はい、お漬物は新鮮な野菜をぬか、塩、酒粕、酢、こうじ等で漬け込みますが
その意味からも鰹の内臓を塩漬けしていますので漬物となります。





Q、ペットに猫を飼っていますが、鰹節はどんなのをあげたらよいですか?

A、一番良いのはカンカンカチカチの土佐枯本節をご自宅の削り器で削って
  ご飯やおひたしにかけてあげるとよいと思います。
  ご自宅で削る土佐枯本節は市販の花けずりより小さくなりますが、削りたては
  やはり人間でもおいしく召し上がれますので、ペットの猫ちゃんにも最適と思います。
   また、ソフトな鰹新節は削り節が長くなりますが、包丁で1cmくらいに
  カットしてあげて下さい。当社は枯本節、新節の削り節も販売しています。




Q、おまんくの酒盗はしょう(非常に)辛うて食えん(食べれない)

A、酒盗は鰹より取り出した内臓を水で洗った後、同量の塩(伯方の塩)で約10カ月漬け込み熟成します。
従いまして非常に塩辛いものですが、お客様のお好みにより、お酒または水に酢を加えて
鰹の塩辛を荒い塩を落として、みりん、はちみつ、その季節の柑橘類(文旦、小夏、だいだい、
ゆず、かぼす等)の汁を少し加えるとくさみがとれ、あっさりと召し上がれます。
また、当社販売の酒盗(甘口)、飯盗は塩度を落として食べやすいお味に仕上げています。
10月〜2月販売の「限定・極上鰹之塩辛」は女性にも大好評ですので一度お試し下さい。




Q、一本釣りうるめはどうして高いが?(高いのですか?)

A、土佐の一本釣りうるめ(うるめいわし)は魚体が大きく宇佐が本場となっております。
冬の寒い時期に一本釣りにより釣り上げたうるめは、目抜きをして丁寧に天日で干します。
冬の天気が良くしかも気温の低い条件のもとで手作業により丹念に作っているため
高級となり土佐を代表する塩干魚となります。



Q、「ちちこ」って何ですか?

A、「ちちこ」とは鰹の心臓のことで、鰹のとれる春から夏にかけて高知の飲み屋さんでは
新鮮な「ちちこ」を塩焼きや生姜醤油で甘辛く煮たものが出ますが
最近では量も少なく土佐の希少な珍味となっています。




Q、商品を買いたいのですが、何個から買えば送ってもらえますか?

A、1個から送れますが、送料はお客様の負担となります。




 ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
fukutatsu@fukutatsu.co.jp