土佐の生んだ酒肴品の傑作、鰹の塩辛「酒盗」。これを口にすると「酒を盗ます」と言われる程、酒飲みには最高の相手です。土佐の地酒・みりん・はちみつ・オニオン等をミックスして召し上がりやすい味に仕上げています。 また、チャーハンや炒め物の隠し味にもご利用になれます。
「から口」がお好きな方に、とっておきの酒盗です。昔風に極力調味料を使わずに仕上げました。少量のお酒で洗ったり、また、ご自分で味付けをして召し上がられる「通」のお客様もいらっしゃいます。 また、冬の寒い晩には少し大きめのぐいのみに酒盗(辛口)を少し入れて、チリチリに沸かした日本酒を注ぎますと、美味しい酒盗酒ができます。

鰹の内臓でも胃(ジキ)を厳選して原料に使用しています。ほのかな酸味と歯ごたえが好評で、温かいご飯の上にのせたり、お茶漬けにしてもおいしく召し上がれます。また、クラッカーにクリームチーズを盛って、その上に飯盗をトッピングしますとワインにも合うおつまみになります。アンチョビの代わりに調味料としてもご利用になれます。